翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

雪の日

今日は雪のため、二ヶ月に一度の読書会はお休みになりました。『ミス・ビアンカ、くらやみ城の冒険』読んでいったのになあ。 なぜかメールが届かず、会場の「イングリッシュブルーベル」まで行ってしまいました。でも、雪の日に表を歩くのも一年に一度ならい…

『illustration』No.217 丹地陽子さん特集!

もちろん、買いました。 本のカバーに使われたイラストが、たくさんカラーで載っていて大満足。素人目ですが、丹地さんの描く人物はほんとうに姿がきれい。立ち姿も、寝姿も、走っていても、座っていても、人間の体、というか、「姿」ってかっこいいな、と思…

目を守るために

とうとう、疲れで、目がおかしくなってきました。一時は、左目の上から光が走るようになりました。で、これです。塾の同僚の先生から勧められたメガネ。 ふつうのメガネの上からかけられます。パソコンの前ではこれをかけるようにしました。テレビを見る時も…

第四回日本翻訳大賞、もうすぐ候補作募集開始!

第四回日本翻訳大賞の候補作募集が今週土曜日、1月20日から始まります。募集期間は1月31日まで。おととし、2016年12月1日から(ここが大事です)、昨年2017年12月末までに発売された書籍が対象です。どなたでも応募できます。 西崎憲さん…

初打ち

今日は今年になって初めてのテニス。その後、新年会。 ほぼ一月ぶりのテニスと昼間のビールで、いささか疲れましたが、だいぶ酔いも覚めてきたので、いざ、仕事。 風もなく、絶好のテニス日和でした。 じつは、日曜日もテニス関係の飲み会でした。そちらは、…

『ヒトラーと暮らした少年』2月刊行予定

アイルランドの作家、ジョン・ボイン原作の『ヒトラーと暮らした少年』が、あすなろ書房より拙訳で2月刊行予定となりました。どうぞよろしく。 こちらで予約受付中です。(→ あすなろ書房【これから出る本】 )

そろりと仕事始め

駅伝の6区山下りを見たあとは、なんとなく仕事を始めました。息子の母校、法政大学のシード権獲得に喝采。 その後、塾の仕事、翻訳の仕事も少し。夜はお隣からベランダ伝いにいただいた(笑)開運おいなりさんと巻き寿司を。甘い味付けでおいしい! 妻沼の…

冬桜

本当は喪中なので行ってはいけないのでしょうが、昨日は用事の途中にあった神社へ、今日は地元の神社へ、お札や破魔弓を納めに行ってきました。 さっき、帰りに近所で見た冬桜がきれいでした。小さな花ですが、好きな花です。

2017年、お世話になりました。

今年も最後の1日になってしまいました。いつもは愛媛に帰省しているので、ブログの更新ができないのですが、今年は家にいますので、ご挨拶を。 今年出た訳書はこの一冊、『オオカミを森へ』だけでしたが、読売新聞の空色ブックガイドで本の紹介をさせていた…

パン豆とタルト

今日は愛媛のお菓子を紹介します。 これはパン豆。お米で作ったあられですが、とても軽くて、ほんのり甘みがついています。愛媛の東予地域では、結婚式の引き出物に使います。勤めていた会社では、社員の結婚式があると、これが配られていましたっけ。食べ出…

クリスマスの日に

今年も世界各地で宗教や民族のちがいによる対立が続きました。米トランプ大統領の就任で悪い方向に向かっています。エルサレムの問題は、ホロコーストについての作品を翻訳してきた身としても、ユダヤの人たちが一方で同じようなことをパレスチナでしている…

「ムーミンの会」にお招きいただいて。

先週の木曜日(12月14日)は、東広島市で「子どもの本を読む大人の読書会 ムーミンの会」の活動を続けていらっしゃる皆さんからのお招きで、尾道でわたしの訳書の話を中心に、会員の皆さんとおしゃべり(&ドライブ、&食事)をしてきました。

「BOOKMARK 10」

「BOOKMARK」10号が来ました! 書店での配布は「もうすぐ」だそうです。今しばらくお待ちを。 今回のテーマは「わたしはわたし ぼくはぼく」、LGBTQをあつかった作品の特集です。 あいかわらず、オザワミカさんの表紙イラストが冴えてます。「わたしはわたし…

御礼、洋書の森セミナー

昨日は日本出版クラブで、洋書の森セミナーとして、「翻訳を文学にするために」という題でしゃべってきました。出席いただいた皆さん、ありがとうございました。もう少しうまくしゃべれたのではないかとも思うのですが……。 散り残っていたイチョウの黄葉が青…

晩秋の風景

少し前のことですが、群馬にて。雪とりんご。 なぜか摘果されていませんでした。なぜなんでしょう? もう十分に熟れていると思うのですが。

もう、12月……。

もう、12月……。びっくりです。 レストランのリースが、クリスマスが近いことを知らせています。この店、おいしいんですけど、うちの近所なんで、ここまで来られる方はあまりいらっしゃらないでしょうねえ。月が冴え冴え。 とりあえず、今度の土曜日、9日…

「児童文学なんてありませんっ!」

先日、「Be」の読書会でいただいた資料は、『人間と教育』(No.95、2017年9月号)に掲載された、赤木かん子さんの「児童文学なんてありませんっ!」という記事でした。連載第1回で「いまどき、児童文学なんてないんです……。」というタイトルがついています…

浦和レッズ、ACL優勝!!

最高の夜でした。

読書会『あしながおじさん』

昨日は川越の絵本カフェ、イングリッシュブルーベルさんで、子どもの本の古典を読む読書会がありました。課題本は『あしながおじさん』。 《 Ehon Cafe - English Bluebell - 》 今日のスイーツは、作品の中に登場する(らしい。じつは、そこまで読めなかっ…

「Be」読書会におじゃまして

水曜日、神楽坂の日本児童文学者協会で、児童文学の作家さんや編集者さんの集まる「Be」という読書会におじゃましてきました。課題本が拙訳『真夜中の電話、ウェストール短編集』だというご案内をいただいていたからです。

洋書の森セミナーのご案内

12月9日(土)15 〜 17時の予定で、神楽坂の日本出版クラブで、「翻訳を文学にするために」と題してセミナーをひらくことになりました。 (参加要項は以下のリンクから参照をお願いします。) http://www.shuppan-club.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/1e0…

はじめての海外文学 vol.3 展開中!

全国の書店横断企画、「はじめての海外文学」vol.3 が始まっています。 翻訳者70名が翻訳書を推薦し、賛同してくれた書店さんが棚を作ってくれています。 今年は一般の部にプラスして、児童書の部もできました。 くわしくはこちらを。 hajimetenokaigaibunga…

雲を見上げて

つい、雲を見上げたくなるような天気が続いています。 ユリノキとイチョウ。

ちょっと、そこまで。

起きたら快晴無風。暖かい。 一日、なんなら一泊でツーリング行きたいけど、時間なし。編集者さんの顔や、生徒たちの顔が浮かびます……。 で、ちょっと、そこまで。

再会

今日は、一年ちょっとぶりに、アメリカの若い友人と会ってきました。日本語を勉強し、アメリカの大学を卒業して、今は浦和で暮らし、埼玉県庁で仕事をしています。 彼と知り合ったのは、彼がわたしの翻訳した『エアボーン』(ケネス・オッペル作、小学館)の…

「BOOKMARK」09号

昨日に続いて、装幀の話題を。 (入手方法その他は、こちらを→ 金原瑞人オフィシャルホームページ BOOKMARK)

装幀家、城所潤さん講演会

25日水曜日、JBBY主催の城所潤さんの講演会に行ってきました。 城所さんは、主に子どもの本の装幀を手がけていらっしゃるので、わたしの訳した本も何冊か装幀していただいています。最新作の『オオカミを森へ』もそうです。

台風一過

昨日の写真。

金原瑞人先生、訳書500冊突破!

先週、弟子や共訳者有志による金原先生の訳書500冊突破記念パーティーが開かれました。残念ながら仕事で出席できませんでしたが、改めて、先生、おめでとうございます。 今から、もう30年近く前になりますが、バベル翻訳学院の先生の授業で課題になった作品…

民主主義を守るための選択を(再投稿)

衆議院の解散、そして選挙、ということになりました。どう考えても、安倍首相のやり方は姑息です。景気が落ち着いているのをいいことに、現政権の基盤を固め、安保法制改悪、海外派兵、改憲の路線を進もうとしていますが、経済は莫大な国債の発行による借金…