読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

訳書リスト7(31〜35)

訳書リスト

 31冊め〜35冊め。これで、2015年3月現在の、わたしの訳した本のすべてです。書店で手に入るものもありますし、図書館で読めるものも多いので、一冊でもお読みいただけるとうれしいです。

 

(31)『フランケンシュタイン家の双子』(ケネス・オッペル作、東京創元社、2013年)

    "This Dark Endeavor", by Kenneth Oppel, 2011
    カナダ・ヤングアダルト・ファンタジー

〈オビ語録〉

「”怪物”はなぜ生み出されたのか。古典的名作『フランケンシュタイン』その知られざる前日譚登場。ダークファンタジーの傑作」

フランケンシュタイン家の双子 (創元推理文庫)

フランケンシュタイン家の双子 (創元推理文庫)

 

 

 

(32)『フェリックスとゼルダ その後』(モーリス・グライツマン作、あすなろ書房、2013年)

    "Then", by Morris Gleitzman, 2008
    オーストラリア・児童書・ホロコースト

〈オビ語録〉

「『フェリックスとゼルダ』の続編、待望の刊行! いったい、だれが味方で、だれが敵なのか? スリリングな展開の連続、そして待ちうけるは衝撃の結末!!」

フェリックスとゼルダ その後

フェリックスとゼルダ その後

  • 作者: モーリスグライツマン,Morris Gleitzman,原田勝
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2013/08/05
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

(33)『フランケンシュタイン家の亡霊』(ケネス・オッペル作、東京創元社、2013年)

    "Such Wicked Intent", by Kenneth Oppel, 2012
    カナダ・ヤングアダルト・ファンタジー

〈オビ語録〉

「死んだ兄を甦らせてみせる。禁じられた錬金術の扉がヴィクターの手で再び開かれる。『フランケンシュタイン』前日譚」

フランケンシュタイン家の亡霊 (創元推理文庫)

フランケンシュタイン家の亡霊 (創元推理文庫)

 

 

(34)『ウェストール短編集 真夜中の電話』(ロバート・ウェストール作、宮崎駿装画、徳間書店、2014年)

    イギリス・ヤングアダルト・短編集

〈オビ語録〉

「ぼくは、ウェストールがすきだ。──宮崎駿」

真夜中の電話 (児童書)

真夜中の電話 (児童書)

 

 

(35)『ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン作、R・グレゴリー・クリスティ絵、あすなろ書房、2015年)

    "No Crystal Stair", by Vaunda Micheaux Nelson, R. Gregory Christie, 2012
    アメリカ・ヤングアダルト・ドキュメンタリー・公民権運動

〈オビ語録〉

「ボストングローブ・ホーンブック賞 受賞! 権力に屈せず、差別にも偏見にも負けることなく、全米ナンバーワンの黒人専門書店をつくりあげた男の知られざる生涯。「表現の自由」とは? 「民族の誇り」とは?」

ハーレムの闘う本屋

ハーレムの闘う本屋

  • 作者: ヴォーンダ・ミショー・ネルソン,R・グレゴリー・クリスティ,原田勝
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 ーーーーーー

 

 この5冊は、とくに表紙の絵がすばらしい。『ウェストール短編集 真夜中の電話』は、宮崎駿監督の表紙絵です。原画はペンに水彩で、みずみずしいタッチでした。(M.H.)