読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

『ハーレムの闘う本屋』各紙誌 書評 その後

新刊・訳書紹介

 5月になって出た書評を二つ、紹介させてください。

 

 まずは読売新聞5月3日朝刊の書評。評者は本谷有希子さん。ありがとうございます。

 「……私はもちろん黒人ではないし、ルイスさんとは生きている時代も違う。それなのに彼の言葉に隅々まで血が通っているお陰で、いちいち、頭にがつんと来るのだ。最近、闘っていないかも、と自覚する人にオススメの一冊……」

 f:id:haradamasaru:20150518215049j:plain

 

 

 この書評は、すでにネットで読めるようになっています。

www.yomiuri.co.jp

 

 

 

 

 もう一つ。週刊朝日(5月29日号)の書評欄。なんと丸々1ページ、しかも、池内紀さんにとりあげていただきました。光栄です。

「……「切りたおされている時に、だまって立っているのは樹木だけ」なのだ。/同胞を元気づけるために言ったのだが、ひろく真実を伝えている。私たちはそのつど、ハッとしたりドキリとしたりする。ひそかに感じていたことを確かめられたような気がしてくる。ここには風変わりな哲学者、気の好い一人の賢者がいる。やさしい目で書棚のわきから、じっとこちらを見ている。」

f:id:haradamasaru:20150518215603j:plain

 

 

 

 新聞、雑誌と、あちこちでとりあげてくださって感謝です。どの書評も、作品のねらいを汲み取ってくださり、また、それぞれに印象に残った言葉を引用してくださっていて、ほんとうに訳者冥利に尽きます。

 

 

 この本が、一人でも多くのみなさんに読まれますように。(M.H.)

ハーレムの闘う本屋

ハーレムの闘う本屋

  • 作者: ヴォーンダ・ミショー・ネルソン,R・グレゴリー・クリスティ,原田勝
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る