読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

1st ステージ 第12節 HOME vs アルビレックス新潟

 △0−0(5月14日(土)14:00〜 @埼スタ)

 新潟の堅守を崩せず。興梠のPK失敗が響き、無得点のままドロー。

f:id:haradamasaru:20160514205539j:plain

 5−4−1でサイドに蓋をして、守ってカウンターに徹した新潟のゴールを割れなかった。うちの選手たちには、ボールをキープして攻め続ければいつかは得点できる、という自信があったのだろうし、事実それでうまく勝ってきた。この日も、じれずに丁寧に何度も攻め、球際もがんばっていたと思うが、興梠のPK失敗がたたって引き分け。1試合少ない川崎が勝って暫定首位に。

 先発は西川、槙野、遠藤、森脇、阿部、柏木、宇賀神、関根、武藤、李、興梠。固定化した先発陣は、やや疲れが見えるような気がした。よく晴れて暑かったせいもあるだろう。関根のサイドは、5番の前野に前をふさがれる形に。それでも、何度かセンタリングまで行ったが、中もしっかり守られた。それもあってが、後半途中から関根と宇賀神の左右を変えたり、マークのきつい武藤をズラタンに代えたり、駒井のドリブルを生かそうとしたり、いろいろ手は打った。が、逆に終盤はカウンターを食らって危ない場面もあった。

 新潟はラインをコンパクトにして、よく守った。また、コーナーキックが後半とくに何本もあったが、新潟のゾーンディフェンスに守りきられた。ゴールマウスの前に、新潟のアウェイユニの緑が、等間隔に植えた木のように立っていたのが印象的。ミシャは、セットプレーは選手任せだが、なんとかならないものか。まったく入る気がしない。ミドルシュートや中央から縦へのドリブルなども混ぜてほしい。

    李は4月のMVP。この日も、明らかに去年より球際の粘りがあった。達也は先発。オレンジ色の達也は少し見慣れてきたが、アウェイの緑の14番、というのはなんか違和感。

 

 

 PKと、その後の歓喜の瞬間を連写、と思ったら、守田のナイスセーブの写真になってしまった……。うまく足を残して、中央に蹴ったボールをブロックされた。

f:id:haradamasaru:20160514210447j:plain

f:id:haradamasaru:20160514210516j:plain

f:id:haradamasaru:20160514210549j:plain

f:id:haradamasaru:20160514210625j:plain

 

 まあ、こういう日もある。と言いたいが、すぐ水曜日にACLのラウンド16、ソウル戦の初戦がある。夜なので運動量は大丈夫、と思いたいが、ちょっと心配。

 

 越後ビール飲んで、ハッピーターン食べたのになあ。

f:id:haradamasaru:20160514211007j:plain

(M.H.)