読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

読書会『ペーパーボーイ』

翻訳の周辺

 昨日、やまねこ翻訳クラブの皆さんからのお誘いで、拙訳『ペーパーボーイ』を課題本にした読書会に出席してきました。

f:id:haradamasaru:20170219231214j:plain

  左側に写っているお菓子は、物語に登場する「ピーカンナッツ入りプラリーヌ」。会員の方がわざわざレシピを調べ、ピーカンナッツを買って、作ってきてくださいました。ごちそうさまでした。すごく甘いお菓子ですが、おいしかった。

 

 自分の訳した本についての読書会に出るのは初めてでしたが、皆さん、登場人物一人一人に、それぞれの抱いた感想を熱く語ってくださって、訳者としてとてもうれしかったです。おおよそ、スピロさん推しの方と、マーム推しの方に二分されていたように思います。そうですねえ、この二人はとても個性的な登場人物ですね。

    本の中にしか存在しない登場人物たちが、読者の頭の中に立ち現われて動き、言葉を発する。そして、それが読者の心に残る、というのは、まさに物語のもつ力です。この不思議なプロセスに、わたしの訳文が介在していると思うと、ほんとうに訳者冥利に尽きます。


 やまねこ翻訳クラブのみなさん、貴重な機会をありがとうございました。


 次の仕事にむかう元気をもらいました。


(M.H.)