読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

『コードネーム・ヴェリティ』

本・映画

 訳したかったのに、訳されてしまった本シリーズ(?)。

『コードネーム・ヴェリティ』、もうすぐ発売です。アマゾンでは3月21日発売予定。訳者は吉澤康子さん。先日、やまねこ翻訳クラブの読書会でお会いしたばかり。

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

 

 2012年の作品で、かなり大きくとりあげられていたのですが、なかなか日本で翻訳が出ず、原書をとりよせて読んでみたら面白いので、翻訳権を問い合わせたらおそかった、という作品。

 

 帯の文句がいいですよ。

「謎」の第1部。「驚愕」の第2部。そして、「慟哭」の結末。

 必ず再読すべき ── NYタイムズ絶賛!

 

 第二次大戦中のイギリスの特殊部隊の女性と、親友の女性飛行士の物語なのですが、フランスに飛行機が落ちて、ナチスにつかまった特殊部隊の女性が尋問を受けて語る、というか、物語形式で書く、という体裁をとっていて、構造が少し複雑。途中で、あれ? と思うこと数度。だからこそ、「必ず再読すべき」なのです。読み応えあり。

 作者はエリザベス・ウェインという女性作家ですが、彼女自身も飛行機を操縦するそうです。帯にはMWA賞受賞の傑作ミステリ、とありますが、もともとヤングアダルト小説です。アメリカのYAの賞、2013年のマイケル・プリンツ賞オナーですし、カーネギー賞候補作、エドガー・アラン・ポー賞のYA部門のベストです。

 こういう題材で、しかも、凝ったミステリ仕立ての作品が出てくるところが、英米のヤングアダルトの奥深さなのですが、日本では翻訳されずに埋もれてしまうものもある理由でしょう。幸い、東京創元社や河出書房新社、白水社あたりが、この辺の作品を拾ってくれています。これからもぜひ!!

f:id:haradamasaru:20170317233210j:plain

 日本版の表紙もいいけど、原書の表紙もかっこいい。

 

(M.H.)