翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

『ぼくは川のように話す』新聞書評

訳書『ぼくは川のように話す』、朝日新聞、東京新聞、中日新聞の書評でとりあげていただきました。ありがとうございます!

「巨大な……」

スーパーの酒類の売り場にいくと、なんとなく売れ残っているような気がするので、コロナビールをこないだから買ってきて飲んでいます。さわやかでおいしい。サッカー3位決定戦、メキシコに勝てるかと思って飲んだけど、だめでした……。 本題です。 先日、あ…

『小さな声、光る棚』

荻窪の書店「Title」の辻山良雄さんのエッセイ集『小さな声、光る棚』を半分くらいよみました。 絵葉書は本と一緒に同封されていたもので、お店の写真ですね。訪ねたことはありませんが、そのうちに行きたい。エッセイはとても心地よい文章ですが、辻山さん…

朝5時、早朝ライディング。

暑くて4時半に目がさめる。昼間は暑くて乗れないW400を走らせました。朝日があたって美しい! Sさんに叱られるので、今日は右側からエンジンをお見せしましょう。

『ぼくは川のように話す』@偕成社ウェブマガジン

偕成社のウェブサイト内、「今週のおすすめ」のコーナーで、少しくわしい紹介が読めます。よろしかったら。 kaiseiweb.kaiseisha.co.jp

訳書リスト11(51〜55冊目)(更新)

55冊目です。 (55)『ぼくは川のように話す』 (ジョーダン・スコット文、シドニー・スミス絵、偕成社、2021年7月初版発行、1600円+税) "I Talk Like a River", written by Jordan Scott, illustrated by Sydney Smith, 2020 カナダ・絵本 〈オビ語録〉…

『ぼくは川のように話す』本日7月14日発売!

『ぼくは川のように話す』(ジョーダン・スコット文、シドニー・スミス絵、荒井良二タイトル文字、原田勝訳、偕成社、1600円+税) 本日発売です。どうぞよろしく!

桂川潤さんのご冥福をお祈りします。

数々のすばらしい書籍の装幀を手がけてきた、装幀家の桂川潤さんがお亡くなりになったそうです。62歳でした。まだお若かったんですね。ついこのあいだまで、twitterに投稿されていたのに。 装幀の仕事はすごく興味があって、このブログでも何度か取り上げて…

キャスパー・ユンカー、すごい!

「すごい!」は語彙の貧弱さを表わす代名詞ですが、デンマークから来た助っ人、キャスパー・ユンカー、すごいです。スピード、シュートテクニック、ヴィジュアル(笑)、三拍子そろってる。 前回の浦和レッズ関連記事を書いてから、その後の我が家の出勤状況…

『弟の戦争』重版!

1995年初版のロバート・ウェストール作、拙訳『弟の戦争』が22刷になりました。読んでない方はぜひ! 訳者紹介がちょっと古い。次出たら、直したいかな。

カナダ祭り

月曜日(まちがえてました。直します)の翻訳勉強会は、ここのところ、冒頭に本の紹介を順番にしてもらっているのですが、昨日はMさん紹介、アリス・マンローの『ピアノ・レッスン』でした。自分の好きな本を紹介してもらうと、そこから話が広がって、その人…

『ぼくは川のように話す』みやこしあきこさんの先行レビュー!

昨日、ホーンブック賞受賞のお知らせをしたばかりですが、ちょうど、版元、偕成社さんのサイトに、みやこしあきこさんのレビューが掲載されましたので、リンクを貼っておきます。 kaiseiweb.kaiseisha.co.jp (こちらは原作の表紙。)

『ぼくは川のように話す』ホーンブック賞受賞!

7月14日発売予定の、拙訳『ぼくは川のように話す』の原作、"I Talk Like a River" が、2021年ボストングローブ・ホーンブック賞(絵本部門)を受賞しました。 原作者、ジョーダン・スコット、シドニー・スミスのお二人、おめでとうございます。 www.hbook.com

「BOOKMARK 18」

海外文学を紹介する冊子「BOOKMARK」18号が届きました。今号は、英語圏以外の本特集2「Other Voices, Other Places」。あいかわらず、オザワミカさんのイラストがすばらしい。

"Small in the City"、ケイト・グリーナウェイ賞!

シドニー・スミスの "Small in the City" (邦題『この まちの どこかに』せなあいこ訳、評論社)が2021年ケイト・グリーナウェイ賞に決まりました。おめでとうございます! この絵本、ほんとうにいい絵本です。ぜひ!

御礼、寒川町人権講座「他者へのまなざし」

今日は寒川町民センターでの人権講座でお話ししてきました。参加してくださったみなさん、主催の寒川町民センターのみなさん、ありがとうございました。 コロナの影響で2月の予定が延期されたにもかかわらず、再度申し込んでいただいた方もいらっしゃって、…

『ぼくは川のように話す』(新刊予告)

訳本の新刊予告です! 『ぼくは川のように話す』(ジョーダン・スコット文、シドニー・スミス絵、拙訳、偕成社)、7月14日発売。文を書いているのは、カナダの詩人ジョーダン・スコット。彼の吃音者としての子どものころの経験を詩に綴ったものに、もう、天…

『Summer of 85』

5月2日の記事で、『おれの墓で踊れ』を映画化した『Summer of 85』のことをご紹介しましたが、なんと、あのあと、この映画の劇場用パンフレットに原作との対比を書いてくれないか、という依頼がありました。 もちろん、書きますとも! ということで、『お…

"The Barnabus Project" カナダ総督賞受賞!

コロナの影響もあっておくれていた、2020年度のカナダ総督賞の発表がありました。絵本部門の受賞作は、こちら。ファン兄弟(今回は兄弟三人の合作です)の "The Barnabus Project" です! パチパチパチパチ!! ただいま、鋭意翻訳中。今しばらくお待ちを! …

翻訳大賞、訳者インタビュー

昨日、TBSラジオのアフター6ジャンクションで、第7回翻訳大賞受賞者、細井直子さん(『失われたいくつかの物の目録』)と中原尚哉さん(『マーダーボット・ダイアリー』)のインタビューが放送されました。聞き手は柴田元幸さん。必聴です。例によってお二…

第七回日本翻訳大賞 受賞作決定!

5月18日に、第七回日本翻訳大賞の受賞作が決定、発表されました! 『失われたいくつかの物の目録』(ユーディット・シャランスキー作、細井直子訳、河出書房新社)と、『マーダーボット・ダイアリー 上・下』(マーサ・ウェルズ作、中原尚哉訳、東京創元…

文芸翻訳ブッククラブ

昨日は、文芸翻訳ブッククラブで、拙訳『兄の名は、ジェシカ』を課題図書として、zoomでの読書会があり、訳者としてお招きいただきました。とても楽しい時間を過ごすことができ、主催者の北村みちよさん、山川早霧さんはじめ、参加者のみなさん、ありがとう…

入管難民法の改悪、五輪開催(ほか、いろいろ)に反対します。

コロナでいろいろ大変な時に、自公政権のやろうとしていることは、民主的・大局的判断にことごとく反していて、あきれるばかりだが、あきれてばかりではいけないので少しは意見表明をしておかなければと思います。 (1)まず、入国管理法の難民に関する扱い…

『おれの墓で踊れ』映画化!

イギリスのYA作家で児童文学の研究者でもあるエイダン・チェンバーズさんの作品、『おれの墓で踊れ』が、フランスの映画監督、フランソワ・オゾンによって映画化されました。それが『Summer of 85』のタイトルで、8月20日、日本でも公開されます。 summer85.…

『兄の名は、ジェシカ』読書感想文課題図書に選定されました。

『兄の名は、ジェシカ』(ジョン・ボイン作、拙訳、あすなろ書房)が、第67回読書感想文の高校の部の課題図書に選定されました。去年の『キャパとゲルダ』に続いて、今年もたくさんの高校生に読んでもらう機会ができてとてもうれしい。

『春のウサギ』本日、4月21日発売!

何度かご紹介してきた新しい訳書『春のウサギ』(ケヴィン・ヘンクス作、大澤聡子共訳、小学館)、本日、4月21日発売です。今回は Kindle 版もありますので、よろしければそちらもどうぞ。

芳野さんのリトグラフ

『春のウサギ』の装画を描いてくださった芳野さんのリトグラフがとどきました! タイトルは「à table!」(ご飯ですよ!)

今年のレッズは……

リカルド・ロドリゲス監督(我が家ではリカちゃんと呼んでいる)を徳島から迎えての序盤、少しずつ戦術が浸透してきて、勝ち点を拾えるようになり、鹿島、清水、徳島と三連勝。磐石の勝ち方ではないけれど、毎回見るのが楽しい試合が続いています。移籍組(…

翻訳勉強会、リモートもいいぞ。

コロナの流行に伴い、主宰している勉強会二つは、どちらも昨年からリモートになりました。そうすると、ただでさえ発言がしづらくなる上に、会が始まる前の、三々五々、集まってきたメンバーで交わしていた雑談や、終わったあとのお茶や飲み会がしづらくなり…

山の上にはまだ桜

うちから1時間の白石峠まで、車検も終わって購入9年目に入るW400を走らせました。平地の桜は散りましたが、比企の山々は新緑と桜のパッチワークがみごとです。 ときがわから白石峠へ登る途中で。ほんとうは、あたりの山の斜面を撮りたかったのですが、道狭…