翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

訳書リスト11(51冊目)(更新)

 51冊目です。

 

(51)『セント・キルダの子』

 (ベス・ウォーターズ文・絵、岩波書店、2020年9月16日初版発行)

 "Child of St. Kilda", by Beth Waters, 2019

 イギリス・絵本・ノンフィクション

f:id:haradamasaru:20200912094329j:plain

〈オビ語録〉

「そこは、世界のはての島。世界遺産の島に、かつてあった人々のくらし。消えてしまった文化を、実在した少年の目をとおして伝える、美しい本。2020年ケイト・グリーナウェイ賞最終候補」

「大胆な色使いと構図が、荒れた海に浮かぶ島々の神々しさをとらえ、モノプリント版画の素朴でやわらかいタッチが、きびしい自然の中で営まれていた人々のくらしを暖かく描きだします。やさしくもするどい作者のまなざしは、今はもう住む人のいない島の姿を通して、人間本来のくらしとはなにかを問いかけ、わたしたちが地球という星にくらしていることの不思議さをも感じさせてくれます。──原田勝」

 

 編集は三輪侑紀子さん、装幀は岩波書店、印刷は半七印刷、製本は松岳社です。みなさん、ありがとうございました!

 

(M.H.)