読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

昭和の花

 あざやかな黄色のカンナです。夏の訪れを感じさせますね。

f:id:haradamasaru:20160620133303j:plain

 うしろはヒマワリ、奥はボプラ。

 カンナは子どものころはよく見た花ですが、最近はあまり人気がないのでしょうか、以前ほど見かけなくなりました。まあ、かなり大きくなりますからね。グラジオラス、百日草あたりも減ったような気がします。だからなのか、カンナにはどこか昭和の雰囲気があります。

 

 これはマサキの花。

f:id:haradamasaru:20160620133818j:plain

 昔、わが家の生垣にしていたマサキには、花が咲かなかったと思います。これが、あの赤い実になるのでしょうか?

 

 ヒルガオやツキミソウも、なぜか昭和っぽい。演歌に出てきそう。いや、『昼顔』といえば、カトリーヌ・ドヌーヴ。ドヌーヴも、フランス人だけど昭和の人ですね。

f:id:haradamasaru:20160620134129j:plain

 

 アジサイはずいぶん載せましたが、これは光がとてもきれいだったので、また載せちゃいます。

f:id:haradamasaru:20160620221420j:plain

 やっぱり昭和かな。

(M.H.)