翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

大阪出張

月曜、火曜と大阪出張してきました。 これはライトアップされた大阪城。石垣の石の大きさにはびっくり。 京都で、お盆に行けなかった墓参りをすませ(大谷祖廟)、青山豆十本舗(https://aoyama-mamejyu.wixsite.com/mamejyu)で青山さん一家とおしゃべり(…

高麗山(こまやま)

『ぼくは川のように話す』が、産経児童出版文化賞をいただいたお祝いに、版元の偕成社さんから、予算内で好きなものをあげる、と言われて、いただいたのが、中学校の時の恩師、西村丈彦先生に描いてもらった、生まれた町、平塚の風景画です。 南から北をのぞ…

『夏の終わり』by 和紗

8月31日です。 孫が元気で1歳の誕生日を迎えました。めでたい!! 夏の終わりです。(急に、また暑いけど……) 和紗さんが、森山直太朗『夏の終わり』をカバーしてます。和紗さんは、わたしのいとこの娘のご主人のお姉さん(ちょっと遠い、血はつながってな…

浦和レッズ、ACL準決勝、土壇場で追いつき、PK戦勝利!

昨日の埼スタ。写真はキックオフ前の北ゴール裏。ACLのトロフィーを模した布を掲げ、コレオはそのトロフィーをつかんでいる手。ゴール裏声出しOK、一発勝負の埼スタホーム。120分間ほとんど声がとぎれず。バックで見ていた自分は声出しできませんが、ひたす…

埼スタに声がもどってきた!

先週の水曜日、8月10日はルヴァンカップ準々決勝第2戦、対名古屋グランパス戦でした。2年以上ぶりの声出しOK(ゴール裏だけですが)の検証試合。 ほんとに久しぶりにチャントしました。新しいチャントは覚え切れていないが、いやあ、気持ちよかった。いつ…

『スラムダンク』熟読中。

今さら、という感じもしますが、現在『スラムダンク』熟読中であります。これからとりかかる某作品がバスケ物なので、ちょっと予備知識を入れようと思って。 『ブライアーヒルの秘密の馬』を共訳した澤田亜沙美さんから借りた『スラムダンク』ですが、澤田さ…

『冬の蕾 ベアテ・シロタと女性の権利』を読む

『冬の蕾 ベアテ・シロタと女性の権利』(岩波書店)は、日本国憲法の草案づくりにたずさわったアメリカ人女性、ベアテ・シロタ(Beate Sirota Gordon、1923-2012)と日本、日本国憲法との関わりを描いたマンガです。作者は、わたしも学生のころよく読んでい…

『日本児童文学 7・8月号』は、ホラー特集

しばらく更新を怠っていたのは、 1. 毎日暑くてぐったりしていたから、2. 参院選後の統一教会問題とそれに対する政府与党の対応にげんなりしていたから、3. ウクライナで相変わらず人が死んでいてやりきれなかったから、4. ミャンマーでの…… とまあ、うんざ…

『モナのとり』

『モナのトリ』(サンドラ・ポワロ=シェリフ作、水橋はな訳・書き文字、新日本出版社)を訳者の水橋さんから送っていただき、読みました。 フランスにやってきた難民の女の子の話。表紙に描かれている黒い鳥が、難民の人には一人一羽ずつ、いつもいっしょに…

「投票お疲れ様でした。」、『日本国憲法(童話屋)』

以前、『ぼくは川のように話す』を扱ってくださっている全国書店紹介で紹介させていただいた、福岡・西戸崎にあるコーヒー屋さん、「Sleep Coffee and Roaster」、併設の書店「ナツメ書店」さんの毎朝のYouTube動画、今日、7月11日(月)のものです。 www.yo…

冷静に投票を。

昨日の安倍元首相の殺害事件には、心底、仰天した。この事件の背景はまだよくわかっていないので、軽々に物を言ってはいけない。また、選挙前日に追悼番組を放送するNHKはどうかと思う。これが、投票行動に影響しないわけがないので、月曜日以降に延期するこ…

自公維に投票しない理由

一昨日とりあげた、川名潤さんの選挙ポスターの別バージョン。 LDPは、自由(Liberal)でも、民主的(Democratic)でもなくなってしまった政党(Party)、自民党の頭文字。 (#投票ポスター2022、川名潤。一昨日の記事にイラストレーターさんの各種選挙ポスタ…

2022参院選「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト」

投票にあたっては、ぜひこれを見てほしい。 choiceisyours2021.jp (M.H.)

選挙に行こう。

#投票ポスター2022 より、川名潤さんのポスターです。「投票ポスター2022」は、いろいろなイラストレーターさんのポスターがあります。使い方については下のリンクを参照してください。 装幀家の川名潤さんは、昨日アップした「BOOKMARK 緊急特集2022」で、…

「BOOKMARK 緊急特集2022」

「BOOKMARK 緊急特集2022」がとどきました。 ウクライナでの戦争もあり、今回は、「Books and Wars 戦争を考える」という緊急特集号です。タイムリーな号を、限られた時間で編集、出版された、金原先生、三辺さん、関係者のみなさんに感謝します。 29人の寄…

「ポルべニールブックストア」@鎌倉市大船

先週の金曜日、平塚へ行った帰りに大船で下車、以前から気になっていた「ポルべニールブックストア」さんにお邪魔してきました。大船駅から徒歩5分くらいでしょうか。 店主の金野さんと少しおしゃべり。前に拙訳『ぼくは川のように話す』をSNSでとりあげて…

「西村丈彦まちかど個展」@平塚

今日は生まれ育った平塚へ、中学校時代の先生の個展を見にいってきました。 6月19日(日)まで。平塚駅北口すぐの元麻布ギャラリーです。お近くの方はぜひ。時間帯によっては、西村先生たちのブルーグラス、ウクレレなどの演奏が楽しめます。 hiratsuka-moto…

第69回産経児童出版文化賞、贈賞式

昨日は明治記念館でひらかれた贈賞式に出席しました。 関係者のみなさん、ありがとうございました。絵本の翻訳ですから、原作者のジョーダン・スコットさん、絵を描いたシドニー・スミスさん、偕成社の担当編集者、広松健児さん、とちょっぴりわたしがもらっ…

小学館世界J文学館、11月刊行!

小学館から、若い読者むけの、新しい形の世界文学全集が、この秋、出版されます。題して「小学館世界J文学館」。世界の名作125作品が、一冊のガイド本+電子書籍で5,500円という、画期的な形式で発売されます。 www.shogakukan.co.jp 上のリンクから小学館…

『真夜中のちいさなようせい』

シン・ソンミさんの絵本、翻訳は清水知佐子さん。なんてきれいな絵。韓国の伝統的な画法なんでしょうか。登場人物たちが着ているのは韓服? お隣の国のことなのに、ほんとうに疎い。 熱が出て寝込んでいる男の子の前に、ちいさな、やはり韓服を着た女性のよ…

『ぼくは川のように話す』、第69回産経児童出版文化賞に選定!

第69回産経児童出版文化賞の翻訳作品賞に、拙訳『ぼくは川のように話す』(ジョーダン・スコット文、シドニー・スミス絵、偕成社)が選定されました。ありがとうございます! 翻訳作品の評価は、とりわけ絵本は、原作の力によるところが大きいわけですが、…

ヨシタケシンスケ展、行ってきた。

行ってきました、世田谷文学館。いや〜、楽しかった! みなさんもぜひ!

停戦仲介の努力を。

ウクライナでの戦争は膠着状態に入り、ますます人が死んでいく、どうにもやりきれない状況です。時間をみつけては、あれこれ読んだり、見たりしていますが、そう簡単に背景を理解することはできません。 ただ、ゼレンスキー支持一辺倒でいいんだろうかという…

カナダの絵本作家特集@「月刊 MOE」5月号

「月刊 MOE」5月号の「気になるカナダの絵本作家たち」という特集で、わたしが訳した『夜のあいだに』『バーナバスのだいだっそう』(ファン・ブラザーズ作・絵)、『ぼくは川のように話す』(ジョーダン・スコット文、シドニー・スミス絵)もとりあげてい…

桜。

先週、土曜日。近所の桜めぐり。歩いて1時間の範囲で、さて、50本以上、見ただろうか。ソメイヨシノが多いけれど、シダレザクラ、オオシマザクラだろうか、白い花も。 気が滅入るニュースばかりですが。それについては、また。 (M.H.)

写真展 「ST KILDA」へ行ってきました!

丸の内のFUJIFILM Imaging Plasa Gallery で開催されている、加藤秀さんの写真展、「ST KILDA」に行ってきました。 『セント・キルダの子』を翻訳した関係で、加藤さんから写真展のご案内をいただいていたのです。イギリス、スコットランドの北西の海上に浮…

「おすすめ!世界の子どもの本」@YouTube

国際子どもの本の日=アンデルセンの誕生日(4月2日)に合わせて、JBBY(日本国際児童図書評議会)のイベントがあれこれ開催されていますが、ご案内をぐずぐずしているうちに、どんどん終わってしまいました。すみません。 でも、2月7日の記事でご紹介し…

第5回ブックハウスカフェ大賞、賞状がとどきました!

先日お知らせした、第5回ブックハウスカフェ大賞、金賞の賞状がとどきました。「ブックハウスカフェ」のスタッフのみなさん、ありがとうございます! スタッフのみなさんによる選評(いわく、スタッフ放談)の模様は、下のインスタライブから見られます。み…

セント・キルダ諸島の写真展

わたしが翻訳した『セント・キルダの子』を読んでくださった、写真家の加藤秀さんから連絡をいただき、まさにその、セント・キルダ諸島を撮影した写真展が、丸の内のFUJIFILM Imaging Plazaで、3月16日〜4月4日の会期で開催されるとのこと。 コロナ禍にもか…

『ぼくは川のように話す』、ブックハウスカフェ大賞に選定!

神田神保町の子どもの本の専門店、ブックハウスカフェさんのみなさんが選ぶ、第5回ブックハウスカフェ大賞の絵本部門金賞に、『ぼくは川のように話す』が選ばれました! 絵本部門☆金賞☆『海のアトリエ』作:堀川 理万子(偕成社)『ともだちのいろ』作:き…