翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

民主主義を守るための選択を(再投稿)

 衆議院の解散、そして選挙、ということになりました。どう考えても、安倍首相のやり方は姑息です。景気が落ち着いているのをいいことに、現政権の基盤を固め、安保法制改悪、海外派兵、改憲の路線を進もうとしていますが、経済は莫大な国債の発行による借金によってかろうじて保たれているだけで、日銀を巻き込んだ財政の健全化は失敗したとしか言えません。

 また、安易に「国難」という言葉を使うことは、ほんとうに危うい。北朝鮮のミサイル発射を受けて、それを政局に利用したとしか思えない。戦争へとむかう、戦前の日本の指導者の発言かと思うほどで、背筋が寒くなります。常軌を逸している、と言ってもいいくらい。

 本来、朝鮮半島の南北分断は、戦前の日本の朝鮮半島占領の結果であり、間接的に日本に責任があると言ってもいい。ドイツ、ベトナムは統一を果たしましたが、朝鮮半島に統一の気配はなく、日本には、その不幸な対立状況を融和の方向にもっていく責任こそあれ、アメリカ一辺倒の外交政策しかとれずに対立をあおるなど、無責任きわまりない、視野の狭い政策です。(わたしは、自衛隊の存在は憲法に明記してもいいと思っています。もちろん、厳密に(非常に厳密に)海外派兵を禁じることは同時に必要でしょうが……)

 また、政府の公文書管理のあり方や、菅官房長官の記者質問への対応、記者クラブのあり方など、国民の目であり耳であるマスコミへの対応は目に余るものがあります。情報の統制は独裁への道につながります。ここは民主主義国家の根幹です。

 

「自分の生活がとりあえず回っているから現状維持」という考えはまちがっています。子どもや孫につけを回しているだけです。なぜ日本人の多くは現状維持がベスト、と考えるのでしょう。常にベターな選択をするための権利を保証し、そのための制度を維持することが必要なのに。何より、開かれた議論と公平な機会の保証にむかっていない今の政権は非常に危ない。日本の民主主義の現実は、世界的にみればとても民主的とは言えないことは、国連特別報告者や外国人記者クラブの指摘を待つまでもなく明らかで、非常に危機感を覚えます。

 いや、ほんとうに危ない状態だと思います。

 

 選択肢は多くありません。民進党の希望の党へのなし崩し的で理想のない合流はがっかりでした。

 

 立憲民主党を中心とした野党共闘への支持しか、今回の選挙の選択はないと思っています。

 

(M.H.)

「ふさふさ」まつ毛 (翻訳勉強会5−1)

 勉強会も九月から新しい課題でやっています。メンバーも少し入れ替わり、また新しい気持ちですね。

 月曜日の会で、テキストにしている文章に、"heavy lashes" という表現が出てきました。当番だった方は「ふさふさのまつ毛」と訳したので、「いや、まつ毛は、長い、とか、多い、でしょ」と言ったら、その場にいたほとんどの人が、「ふさふさのまつ毛」に違和感はない、とおっしゃいました。

 ちなみに皆さん女性。

f:id:haradamasaru:20171017172141j:plain

(会場の絵本カフェ「イングリッシュブルーベル」さんの前は、ちょうどシュウメイギクが満開。雨で首をうなだれていましたが、それもまたよし。)

《リンクはこちら→ Ehon Cafe - English Bluebell - 

続きを読む

やまねこ翻訳クラブ、インタビュー記事

 現在、設立20周年記念イベントを精力的に展開されている「やまねこ翻訳クラブ」のサイトに、インタビュー記事を載せていただきました。ありがとうございます。リンクを貼っておきます。

 

f:id:haradamasaru:20171016205903j:plain

→( やまねこ翻訳クラブ:原田勝さんインタビュー )

続きを読む

ケルト市@浅草

 今日は、浅草のライオンスタジオで開かれた「ケルト市」に行ってきました。アイルランドにまつわる物産がいろいろ販売されていました。

 じつは、高校の軟式テニス部の同期が出店していたので、彼に会いにいって、なにかいいものがあれば買ってこようという目論見で。

f:id:haradamasaru:20171009184714j:plain

 わたしはハリスツイードのハンチングを、家内は手織りのショールを買ってきました。ショールはモネの睡蓮がモチーフ。房を見るとわかりますが、縦糸がグラデーションになっていて、見る角度で色が変わります。

続きを読む

秋空の下

 仕事のあいまに散歩。この夏で2キロ近く太ってしまいました。やばい。

 

 まずはパンパスグラス。今、南米のお話を翻訳しているので、ちょっとこじつけて。和名は「シロガネヨシ」というらしいです。秋空に白い穂が涼やかです。息子が通った近所の幼稚園は、ちょうど運動会でした。日和です。

f:id:haradamasaru:20171008160843j:plain

続きを読む

カズオ・イシグロ、ノーベル賞受賞!

 いい知らせです。どうも日本のマスコミは、「日本生まれの……」とか、「川端、大江に続く……」とか言いたくなるようですが、彼の素晴らしい作品を、土屋政雄さんという素晴らしい翻訳家の文章で、たくさんの日本人が読んでくれるだろうということが何より喜ばしい。

f:id:haradamasaru:20171007092438j:plain

(『日の名残り』の原作、"The Remains of the Day"。)

続きを読む