翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

絵本『夜のあいだに』、もうすぐ発売!

 今朝の毎日新聞、親子の読書面に広告が出ました。『夜のあいだに』、来週半ばには書店にならぶ予定。GWの上野では先行販売しましたが、売れ行き好調でした。

 ぜひ、書店で手にとってみてください。

f:id:haradamasaru:20190522120801j:plain

 

続きを読む

翻訳三昧

 今日は川越の絵本カフェ「イングリッシュブルーベル」さんで、昼の12時から夜の7時まで、あれこれ翻訳関係で過ごしました。楽しい一日で、なんなら、泊まっていこうか、という勢いでしたが、家主さんからは、住んじゃダメ、と言われてるそうです(笑)。

 バラがきれいでした。でも、明日の雨で散っちゃうかな。

f:id:haradamasaru:20190520211548j:plain

続きを読む

『ブライアーヒルの秘密の馬』── 挿絵の力

 すでに何度か紹介している本ですが、先日の上野のブックフェスタで、実物を見た方がどんどん買っていってくれたので(1日で10冊近く売れたと思います)、挿絵や装幀をもう少しお見せしましょう。この本、手にとってみると欲しくてたまらなくなると思うのです。

f:id:haradamasaru:20190228173923j:plain

続きを読む

上野の森親子ブックフェスタ、今日まで!

 今日5月5日も好天に恵まれています。ブックフェスタ最終日です。

 JBBYの翻訳者による販売テントは、昨日でおしまいですが、出版社のみなさんは今日も販売を続けていますので、お近くの方は上野公園へお越しください。

 

 写真は昨日のJBBYテント開店前。このあと、目の前でびっくりするくらい本が売れていくのを見て、去年も思いましたが、まだまだ捨てたものじゃありません。

f:id:haradamasaru:20190505104400j:plain

続きを読む

丹地陽子さん個展(@西荻窪URESICA)

 拙訳『ペーパーボーイ』のカバーや、読売新聞コラムの挿絵を描いていただいた丹地陽子さんの個展に行ってきました。今回のテーマは「めがね」。メガネ男子・女子&猫がたくさん見られました。肉筆の線がほんとうにきれい。この柱の絵でもそれがわかります。個展は5月6日までです。ぜひ!

f:id:haradamasaru:20190502190025j:plain

続きを読む

上野の森親子ブックフェスタ

 5月3日〜5日の、書籍販売テント内の出版社がわかるポスターを出しておきますね。ほとんどの子どもの本の版元さんが本を直売りします。直売りということは、お安く買えるということ。なかなかこういう機会はありません。

f:id:haradamasaru:20190501144124j:plain

続きを読む

平成最終日

 平成最後の……、という記事は書くまいと思っていたのですが、なんとなく。

 おとといは、今度結婚する息子のために、子どものころの写真のめぼしいやつを、スマホで撮影して送ってやる、という頼まれた作業をしていたのですが、息子の幼いころの写真がめちゃくちゃかわいくて(親バカですが)、そして、当時のことを思い出して、仕事が手につかなくなりました。ま、世間的にはGWだからいいか……。

f:id:haradamasaru:20190430110257j:plain

続きを読む

5月3日、4日は、ぜひ上野の森へ!

 先日もご紹介しましたが、5月3日、4日に上野公園で、「上野の森親子ブックフェスタ」が開かれます。【 スケジュール|上野の森 親子ブックフェスタ|JPIC  

 JBBY(日本国際児童図書評議会 ── 子どもの本を通しての国際理解を提唱する世界組織の日本の窓口です)も、児童書の版元が本を売るテント村の中に出店するのですが、ちらしができましたので、再度ご紹介を。

f:id:haradamasaru:20190424105136j:plain

 
page2image1350191792
 
 わたしは5月4日(土)にお待ちしています!
 
 テント村内で購入された書籍には、翻訳者のみなさんがサインしますし、翻訳された本の中から印象的な一節が書かれた「翻訳おみくじ」が引けます。これ、どこから引用しようか考えるのがとても楽しかった。きっと皆さんにも楽しんでいただけると思います。
 
(M.H.)