翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

読書会『あしながおじさん』

 昨日は川越の絵本カフェ、イングリッシュブルーベルさんで、子どもの本の古典を読む読書会がありました。課題本は『あしながおじさん』。

《 Ehon Cafe - English Bluebell - 》

f:id:haradamasaru:20171120234653j:plain

 今日のスイーツは、作品の中に登場する(らしい。じつは、そこまで読めなかった)レモンジュレ。ティーはレモンバーベナと、レモングラスと、もひとつなにか(すみません)のティーでした。バイクで走って寒かったので、ティーはお腹が温まってうれしかった。

続きを読む

「Be」読書会におじゃまして

 水曜日、神楽坂の日本児童文学者協会で、児童文学の作家さんや編集者さんの集まる「Be」という読書会におじゃましてきました。課題本が拙訳『真夜中の電話、ウェストール短編集』だというご案内をいただいていたからです。

真夜中の電話 (児童書)

続きを読む

洋書の森セミナーのご案内

 12月9日(土)15 〜 17時の予定で、神楽坂の日本出版クラブで、「翻訳を文学にするために」と題してセミナーをひらくことになりました。

http://www.shuppan-club.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/1e05e52cd47503644aba590790ec09e7.pdf

(参加要項は以下のリンクから参照をお願いします。)

http://www.shuppan-club.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/1e05e52cd47503644aba590790ec09e7.pdf

続きを読む

はじめての海外文学 vol.3 展開中!

 全国の書店横断企画、「はじめての海外文学」vol.3 が始まっています。 翻訳者70名が翻訳書を推薦し、賛同してくれた書店さんが棚を作ってくれています。 今年は一般の部にプラスして、児童書の部もできました。

 くわしくはこちらを。

hajimetenokaigaibungaku.jimdo.com

 12月17日(日)には、推薦した翻訳者が推薦作をアピールする会があります。残念ながら、わたしは今年は行けませんが、翻訳者の顔を見たい人(?)はぜひ! サインももらえますよ。もう、席は7割がた埋まってるらしい。

続きを読む

再会

 今日は、一年ちょっとぶりに、アメリカの若い友人と会ってきました。日本語を勉強し、アメリカの大学を卒業して、今は浦和で暮らし、埼玉県庁で仕事をしています。

 彼と知り合ったのは、彼がわたしの翻訳した『エアボーン』(ケネス・オッペル作、小学館)の訳文をテーマに大学の卒業論文を書いたことが縁でした。"Airborn" は、彼の子どものころの愛読書だったそうです。

f:id:haradamasaru:20171104165809j:plain

続きを読む

装幀家、城所潤さん講演会

    25日水曜日、JBBY主催の城所潤さんの講演会に行ってきました。

f:id:haradamasaru:20171028090952j:plain

 城所さんは、主に子どもの本の装幀を手がけていらっしゃるので、わたしの訳した本も何冊か装幀していただいています。最新作の『オオカミを森へ』もそうです。

続きを読む