読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳者の部屋から

児童書・YA翻訳者、原田勝のブログ

『ペーパーボーイ』映画化か!?

 というのは冗談で(別の『ペーパーボーイ』という同名タイトルの映画はすでにありますが……)、ワシントン州タコマの小学5年生が、この小説をもとにして演じているビデオが YouTube で見られます。

f:id:haradamasaru:20170208165421j:plain

 これはそのショートムービーの一コマで、タコマの市街と思われますが、原作者ヴォーターさんのブログによると、彼が若いころのメンフィスを彷彿とさせるそうです。

 


Paperboy 90-Second Newbery 2017

  おー、ワージントン夫人役の女の子がそれなりに色っぽいぞお。ボールぶつけられるラットがかわいそう。マーム役の女の子もかわいいけど、どこかにマームの貫禄があるような……。ヴォーターさん曰く、マーム役の女の子の南部訛りは完璧だそうです。みんな小学校5年生というのがいい。この作品を読んだことのある人なら、ああ、あの場面か、とすぐにわかります。タイプライターで打ち出される文字のアップや、カラーと白黒の使い分け、主人公役の少年のセリフ、マームとのやりとり……、なんかじーんと来ました。クオリティ、高いです。

 

 これは、"The 90-second Newbery Film Festival" という、ニューベリー賞に入賞した作品をショートムービーにするコンテストがあり、その応募作なのだそうです。日本でもこういうのやればいいのにね。やってるのかな、もう。

 

ペーパーボーイ (STAMP BOOKS)

 

(M.H.)